ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
かもめ食堂 [DVD]
かもめ食堂 [DVD] (JUGEMレビュー »)

ロード・トゥ・フィンランド〜♪
RECOMMEND
RECOMMEND
ハイスクール・ミュージカル オリジナル・サウンドトラック
ハイスクール・ミュージカル オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
サントラ, トロイ, ガブリエラ, ライアン, シャーペイ, ジーク, ジョックス
RECOMMEND
FocalPointComputer iKitty nano white SPK-IP-000052
FocalPointComputer iKitty nano white SPK-IP-000052 (JUGEMレビュー »)

愛用のシリコン製 nanoカバーです☆
しっぽはグニャグニャと形を変えられるので、フックのようにしてジーンズのポケットに引っかけてぶら下げたりもしてます。そのままちょこんと置いても可愛いやつです(^_^)v
OTHERS

<< 加島屋さけ茶漬けとコロッケ弁当 | main | お見通しなのね。。−Lacha ラチャ− >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
ブラック・ダリア
ブラック・ダリア
THE BLACK DAHLIA
2006年 アメリカ
監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン、アーロン・エッカート、ヒラリー・スワンク
怒り

え?もしかして、これってハッピーエンド??それで終わっちゃう?
なんだかな〜、チョット消化不良気味・・。

この不満足感はなんだろう・・?
デ・パルマの責任ではないと思う。物語の中盤辺り、階段の襲撃シーンなどは「待ってました!」のデ・パルマ節。ただねー、このデ・パルマおじさん、誰かさんをまねっこしたような、(鏡の使い方とか)どこかで見たことあるよーな画という感じがするのは、気のせい?
とはいっても、ちゃんとデ・パルマらしさが随所に出ていた。

すると、考えられる失敗は、脚本だ!

こんな面白い題材をなんでこんなに台無しにするかねー、ったくー。むかっ
ダリヤの死体が発見されてからは俄然物語がテンポ良く進行していくが、それまでの、冒頭からだらだら続くボクシングにまつわる主人公二人のくだりは、ナニダナンダカ・・・。もっとすっきり状況説明できないものだろうか。かと思えば、リーの人物像が曖昧で説明不足。彼の行動が理解できなければ、不思議な三角関係のパズルが解けないというのに・・。

それと、原作は読んでいませんが、スカーレット・ヨハンソンの役どころはあんなもので良いのでしょうか。見せ場がないんですけどー!プンプンっ。監督は一生懸命アップで写してくれてるけど、「真珠の耳飾りの少女」の時の美しさの半分も引き出されていない。もっと、クラシック・ビューティな女優ぶりを楽しみにしていたのに残念。

ヒラリー・スワンクは不慣れな故の緊張感がこちらにも伝わってくるほど、ラブシーンが下手だった。もっと女優魂を見せて下さい。ジョシュ・ハートネットはいつまで経っても半人前の巡査しか演じられない。出てるだけ、見てるだけでファンは満足という現実に、ジョシュ君、それでいいの?

ヒラリーの黒と、スカーレットの赤に象徴される対照的な二人の役どころは分かり易いが、その薔薇色の赤は、「血」の赤にも染まったりして・・・という展開を予想していたのにハズレちゃった〜。←それは深読み。(^_^;)でもそういう韻のふみ方って面白いんじゃない?

あー、もったいない!
あと10年くらいしたら誰かリメイクしませんかー。

最後に、本作はR-15指定だが、R-18(18歳以上)が適当じゃないのかなぁ。立派なポルノ画像が出てくるし、高校生OKというのは、ん〜、複雑。


*映画をご覧になった方はネタバレ満載のコメント欄へもどうぞ☆
映画 / comments(2) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
おお〜観ましたね!ニャンコさんの見解を楽しみにしてたんですよ〜(^^)

【以下ネタバレアリ!注意】
ね〜そうでしょそうでしょ!不満爆発でしょ〜〜(笑)わかりにくい部分がたくさんあったんだけど、その中の一つはあの三角関係。リーがケイと同棲中にも関わらず手を出してなかったってのはナゼなんでしょう?あぁぁ〜もう一度観れば少しはわかるようになるかもしれないけど、面白くないんで観たくないしぃぃ(^_^;
スカーレットは私としては「白」のイメージでしたね。ヒラリー・スワンクは全然色っぽくないっっ!!!もっと他の女優さんいなかったんかいっ!^^;
デ・パルマの映像がどっかで観たことあると感じるのは、「彼がヒチコックを踏襲してると言われている」と言えば思い当たるんではないかな?でもそこがまた好きなんですよ〜私。
ホント、この手のサスペンスは好きなだけにもったいない感じです。お〜そうか、原因は脚本かぁ!やっぱり映画は脚本が命だね。
* peko * 2006/10/26 1:15 PM
【同じく、さらにネタバレ注意!】
☆ペコさん
>リーがケイと同棲中にも関わらず手を出してなかったってのはナゼなんでしょう?

リーはお金を横領した悪徳警官だけど、お金以上に執着していたのは「殺された妹」だったんじゃないかと思う。
最初、ケイと関係を持たないのは男色家だからかな〜?バッキーがタイプ〜?と思ったけど、これはハズレ。では単純にケイが好みじゃない?これも、親しげに投げキッスするところなんかイイ雰囲気だし。んん・・・??

ケイがリーの妹の話をするところでピンときたよ。リーにとってケイは妹なんだよ。だから大学へも行かせて大事に大事に守ってあげてる。

ブラック・ダリア事件で、他の事件をほっぽり出してまで執着したのも妹の事件をダブらせていたんじゃないだろうか。未解決だったようだし。あの入れ込み用は尋常じゃないものね。だから、ポルノ・フィルムで涙を流すエリザベスが妹と重ね合ってたまらなかったと思う。刑事になった理由も、妹の事件がきっかけだったかもよ。

書きながら思ったけど、こういうリーの半生の方が断然興味深いし、ボクシングの話をだらだら続けるより、もっと「リーの妹」をきっちり伏線として描いてほしかったな。彼がどれだけ妹を愛していたか・・・。

なんて、以上全部私見です。
全然的外れだとしたゴメンナサイ・・・(^_^;)

三角関係の真実がどうなのかは、やはり、リーの人物像が鍵だと思うし、ダリア事件への執着も同じ。それらがきちんと描かれていないから、伏線が伏線にならずに絡み合ったままになる。だから、この脚本はボツです。

・・・って、チョット言い過ぎかな。

ヒラリー・スワンクね、ラブシーンは今イチだったけど、狂った家族の一員としてなら、ラストのお母様とピッタリはまってました〜。

* ニャンコ * 2006/10/26 7:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lostcat.jugem.jp/trackback/40
トラックバック