ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
かもめ食堂 [DVD]
かもめ食堂 [DVD] (JUGEMレビュー »)

ロード・トゥ・フィンランド〜♪
RECOMMEND
RECOMMEND
ハイスクール・ミュージカル オリジナル・サウンドトラック
ハイスクール・ミュージカル オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
サントラ, トロイ, ガブリエラ, ライアン, シャーペイ, ジーク, ジョックス
RECOMMEND
FocalPointComputer iKitty nano white SPK-IP-000052
FocalPointComputer iKitty nano white SPK-IP-000052 (JUGEMレビュー »)

愛用のシリコン製 nanoカバーです☆
しっぽはグニャグニャと形を変えられるので、フックのようにしてジーンズのポケットに引っかけてぶら下げたりもしてます。そのままちょこんと置いても可愛いやつです(^_^)v
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
面影は幻の彼方に・・・
大学を卒業してすぐ、地元の工業高校で社会科を教えていた時期がある。3年生のクラスで、男ばっかりで、なかには留年組の二十歳を迎える子もいて、世間知らずの経験も実力も何も無い20代の女の子にとって、それはそれは胃がキリキリと痛む日々の連続だった。授業開始のチャイムを職員室で待つ間、「大丈夫、大丈夫・・・」と自分に言い聞かせ暗示をかける。「さあ、行くぞ!」という掛け声なしでは椅子から立ち上がることができなかった。それは教職や授業に不慣れというだけでなく、初めて直面する高校生の実像に大いに戸惑っていたのだ。

出席日数不足、単位不足、家庭問題、学力低下、中途退学、卒業延期等々。温室でぬくぬくと過ごした私の高校時代とは違う高校生の姿がそこに溢れていた。TVや新聞などのメディアを介しての情報と異なり、「現実」は強烈なインパクトで迫ってきた。語れるほどの人生など持ち合わせていない私こそ若輩者なのに、何をどう指導すればいいのか、指導できるのか・・・。

逃げ出したい気持ちになることも、泣きたい気分になる時だってもちろん何度もあった・・・。

でも、そんな私に彼等はとても素直で優しかった。私より年上にも見えそうな強面の生徒が「先生、がんばれよ!」と云ってくれたこともある。見かけは強がったり決して褒められるような服装や態度ではなかったが、内面はとてもナイーブで繊細な子供達なんだと、だんだん分かるようになってきた。彼等なりにこちらの期待に応えたいと思いながら、それがままならない苛立ちをどうしようもないのだ。私にできることは、「どうせオレ達は・・・」とすぐ捨て鉢になり諦めてしまいがちな彼等を私自身が諦めないことだと思った。経験も実力も無い人間が、情熱まで無くしちゃいけないね。そして、この時の経験すべては私にとって何ものにも代え難いものだ。

その彼等から突然の電話。
「ニャンコ先生ですか・・・?」

あらあらあらあら!? どーしたのよ、いったいー!びっくり

訊くと何やらクラス会らしきものをやるようで、斯く斯く然々と理由を話して私の実家から連絡先を教えてもらったらしい。先生方にも声を掛け、改まった形での集まりは卒業後初めてと云うではないの。
「迷惑かと思ったんですが・・」
と、こちらを気遣う言葉などかけてくれる。あー、大人になったんだねぇ。

「もう、いくつになった?」
「38ですっ」
ん・・・。め、めまいがしそうだ。。。

「○○は頭(髪の毛)が結構キテます」とか、「卒業して本土へ行った△△は帰ってきた」とか、「☆☆はバツイチです」とか、皆のプチ近況報告などを話しながら懐かしいねぇ〜としみじみしてしまったのだが・・・
ん・・?ちょっと待てよ。クラス会って・・・

えーーーどんっ
ダメダメ、今はダメ!ダメったらダメだってばー!!

というのはワタクシ、20代の頃は体重40キロ前半で、服は7号サイズをお直し(ウエストつめ)して着てました。それなりにスレンダーを気取ってたのに。で・・・今は・・・、その見る影もありませーんの!

はい、その当時にお会いしていない現在リアルにお付き合いしている皆さま、嘘のようなホントの話しです・・・あせあせ

そんなわけで、♪誰だっ、誰だっ、誰だ〜っ??(by ガッチャマン)という事態だけは何としても避けたいと思うのが乙女心っていうものじゃないですか。。そのクラス会というのは、年明けて1月か2月頃の予定らしく、あと3ヶ月もないじゃないさー!!
泣けてくるよ、まったくぅぅ。

あんな時代もあ〜ったねと〜♪・・・なんて歌っている場合ではないぞ。
昔の面影の欠片ぐらいは取り戻さねば。。

超高速緊急絶対確実ダイエット突入ですっ!!


雑文 / comments(0) / trackbacks(0) /
押し花ネイル
押し花ネイル1

押し花ネイル2
 *カメラマンは娘。微妙なブレはご愛敬ということで(^^;)

ジェルのお直しに行ってきました。前回と同じくココ→ CREYAさん
長さを少し短くして、紫フレンチの境目に同色のホログラムを入れてキラキラ〜ぴかぴか

写真ではピンクみがかってますが、実際はもっとワインっぽい色合いです。こういう色を爪に塗るのって初めて。何事も経験、経験。フレンチにするとそれほどケバくないかな・・・。

「富豪刑事」の深キョンの爪スゴイですよね〜。花やら、鳥の羽やらいっぱいくっつけて。」とお話ししていたら、
「お花つけてみる?」
と見せていただいたのが、ネイルアート用“押し花”。

本物の押し花なんだって。左右1本ずつつけてもらい、カワイイ〜っ!とご満悦。両手いっぱいにつけたらアロハ〜って感じかなと思うので、ホントは夏向けなんだろうか?

今月はお出かけが多いので、お気に入りに仕上がって嬉しいおはな


追記−−−−−

娘が一言・・・
「サツマイモの色〜♪」

サ、サツマイモかあ・・・、云われてみれば(^^;)
まーね。秋らしいでしょっ。


雑文 / comments(4) / trackbacks(1) /
浦島花子!?
「かもめ食堂」の“おかわりロードショー”を観ようと、那覇のど真ん中にある劇場へ出かけた。

指定駐車場に車を駐め、しばしの距離を歩いて目的地へ向かう。遅ればせながら、老舗の映画館が生まれ変わって以来初めての訪問だ。以前の映画館へはよく足を運んだ。ハリウッドの大作よりも、ヨーロッパやミニシアター、インディーズ系の作品が上映されることが多く、私もそちらの作品が好みだった。いよいよ映画館が閉館することになり、微々たる貢献しかできなかった私だが、無くなるとなるとやはり寂しかった。

その後、映画だけでなくライヴやワークショップなども開催する新しいタイプの総合エンターテインメント発信の場として生まれ変わり、もう一年が過ぎたことになる。同じ場所といっても初めて訪れる劇場なので少しドキドキしながら「あっちの方よね」とテクテク歩いて国際通りに出てみると・・・


なんじゃこりゃ〜〜〜!?


オーマイガーッ!!
私の目の前には見たこともない建物が・・・。国際通りの三越前といえば、私の記憶では「国際ショッピングセンター」がそびえ立ち、そこにはエンダー(A&W)とボーリング場があるのよ〜、あったのよ〜〜!!

・・・が、それらがあるはずのその場所は広々と整地され「てんぷす那覇」の看板が掛かった小洒落たビルが建っている。。やけに風通しの良くなったその空間だけ、妙に沖縄っぽくないじゃないさー。
い、、いつからこんな・・・。。

国際通りならそんなにご無沙汰じゃない、ひと月前も何度か来ている。三越前のこの一等地分だけ私の行動範囲から切り取られていたようだ。

「ここはどこ・・・?」と一瞬、思考能力が吹っ飛んだ。
行き先は知っているはずなのに、どこへ向かっていいかわからない。見晴らしが良くなったその先に希望ヶ丘公園が見える。
「うん。この方向で大丈夫」

着いた劇場は、これまた小洒落たスポットに変わっていた。1階には本や北欧テイストのグッズが並ぶショップやカフェまである。

はあ〜、なんだかものすごく時間に置いてけぼりにされた気分。ちょっと見ない間に、もう私は浦島花子さん。あー、心臓にワルっ。。

「かもめ食堂」はサイコーに楽しかったラブ
気を良くした帰り際、劇場の会員申し込みまでしてしまった。年会費2000円(一般)で、会員証を見せるといつでも1000円(通常1600円)で映画が観られる。(その他特典多々あり)
これからの上映スケジュールを見ると、チェックしていた「ハードキャンディ」が来月、「フラガール」の再上映が12月、その他興味深いタイトルが並んでいた。また是非来なくちゃ、と思ったの。

駐車場サービスについて、劇場の会報にこう書いてある。
  劇場から少しだけ離れているワケは、ノンビリ那覇の町歩きを楽しん
 でもらいたいからです。


あたと〜〜ん。(当ったり〜〜)
今日は新しい発見と、新しい楽しみに出会えた一日でした。上向き


「桜坂劇場」
那覇市牧志3−6−10
098−860−9555
http://www.sakura-zaka.com/



雑文 / comments(4) / trackbacks(0) /
ジェイミー・オリバーの給食革命!(1)
Cook with Jamie
Cook with Jamie
Jamie Oliver
(ジェイミー・オリバーの最新レシピ本)

「Jamie's School Dinners」という、WOWOWで今週と来週にわたって放送される番組で初めて彼の名を知った。イギリスでは超有名な若手シェフらしい。TV番組でブレイクしたというから彼自身の腕前云々には興味はないが、取り組んだテーマが「食育」となると、ちょっと見てみようじゃないのという気になった。

幼い子供の父親でもあるジェイミーは、国の将来を担う子供達が、見た目も味も栄養も最悪な給食を口にしていることに心を痛める。食育の重要性を説く彼は実際にロンドンの中学校を訪れ、低予算で健康的でおいしい給食作りに奮闘する。
(WOWOWプログラムガイド10月号より)

http://www.wowow.co.jp/extra/jamie/kakumei/(WOWOW)


なんと、この彼、この番組以前に料理の経験が全くない15人の若者と9ヶ月間過ごし修行させ、ロンドンにレストランをオープンするという企画をやってのけ、“青少年教育の功績”が認められてエリザベス女王から勲章までもらっている。そのレストランの名が「フィフティーン」。彼自身も出資しているというから、なかなか骨太だね。さらに今回の番組で国民を動かし、ひいては政府を動かし、給食改善に約440億円の予算計上が決まったというから驚き桃の木ナントカカントカ...。英国政府から太鼓判をいただいたシェフなのでした。
http://www.uknow.or.jp/be/s_topics/spotlight/future/04.htm(英国大使館)

さて、番組はというと、なんといってもココの給食はひどすぎる!フライドポテトにミンチのパテ、マッシュポテトの揚げ物、タラのすり身、ソーセージ、ピザ等々ジャンクフードのオンパレード。野菜といえばグリーンピースonlyじゃないのさー。ジェイミー曰く、チキンや魚といってもミンチや加工品にすれば何が入ってるか分からないよ。立派な調理室があるが、そこは料理を作る場ではなく、箱を開け、袋を開け、数を数えてバットに並べ、揚げるかオーブンに放り込むだけの作業場と化している。野菜ナシ、栄養価ナシ、油・塩分・添加物の大量摂取で生活習慣病へまっしぐらだ。私だって、自分の娘が毎日この給食を口にするかと思うとゾッとする。さぞかしジェイミー君はショックだったに違いない。

そりゃあ、子供はジャンクフードが好きだよね。「他のメニューに変えたって、子供達は食べちゃくれないのよ」と、給食スタッフの言い分もわかる。実際、ジェイミーが苦労してこしらえた野菜入りメニューに子供達は見向きもしない。ジャンクフードが品切れになった頃、ようやくトレーにのせるという具合だ。食べるものがないから仕方なく食べている...カリスマシェフの彼にとって、人生最大の屈辱だったかもしれない。どんなに立派なレシピでも、食べてくれなければなんにもならないことを彼は学ぶ。加えて、一食=37ペンス(約80円)というハードルも高い。私が娘の学校の給食試食会で払ったのは200円だったぞ。(牛乳付き)

給食革命のための課題は多い。さあ、どーするジェイミー君?
来週へ続く...

雑文 / comments(2) / trackbacks(0) /
CSI“12時間”の死闘/CSI:5最終回(後編)
いや〜〜、観ちゃったよ〜、やったねタラちゃん!拍手

「こんなCSIが観たかった」と本人が言うように、しっかりタラちゃん風に味付けされた最終回は今までに無かった展開だった。
そーだねー、このアイディアは誰にも渡したくなかっただろうね。

ちょいバレです。
見たくない方はそのままで、我慢できない方はドラッグしてね。
 ↓
だって、だってさ、犯人捜しがお仕事のCSIなのに、
今回は犯人さっさと死んじゃって、被害者捜しに奔走するんだから。
そう、ニックが死ぬ前に見つけなければ!

どうやって完結するのかとワクワクしたが・・・
あー、そう来るのねグリッソムの昆虫学。

・・・ジョージ(ニック役)、君はよく頑張った!


CSI大ファンで、ウィリアム・ペーターセンが大好きというだけあって、最後のシメはやっぱりグリッソムだ〜ね〜。一番オイシイとこ持ってくんだものなあ。

ファンの、ファンによる、ファンのための“12時間の死闘”でした。楽しい
雑文 / comments(2) / trackbacks(0) /
夏の名残り・・・
ひまわり
娘の小学校の正門に可愛いひまわりが咲いていた。
その見事な咲きっぷりに「あぁ、夏だねぇ。・・・ええ!今、何月だっけ?」と錯覚してしまう。

沖縄って暑いor寒いだけで四季の変化を身近に感じるなんてこと、あまりないけど、涼やかな風に揺れて咲く時季はずれのひまわりを見て「夏が終わるのサビシイねぇ・・・」とミョーにしみじみしてしまった。

そっか。
こんな感傷的な気分こそ秋の到来のお告げなのかも・・・。
雑文 / comments(0) / trackbacks(0) /
タラちゃん監督/CSI:5最終回(前編)
−−ネタバレなしです−−

スッゴ〜イ!(@_@)

待ちに待ったタラちゃん監督版のCSI5最終回が始まった。
こりゃビックリの前編ラストに口あ〜んぐり・・・だったりして。

期待を裏切ることなく、タラちゃん色にた〜っぷり塗り替えられたCSI。
映画「キル・ビル」を観た人は、ちょっとニヤッとする場面もあったね。
後編が楽しみだー♪
雑文 / comments(0) / trackbacks(0) /
ジェルは秋色〜♪
秋色ジェル
7月に友人のジェルネイルの手元を見て、
「アタシもやりた〜い!」
と、以来サロンに通っている。

ジェルは2〜3週間毎にお直しが必要なので今まで2店舗をジプシーしていたけど、なかなか「ココ!」っていうお気に入りになれなくて・・・。

マッサージやエステと同じく、爪(手)のお手入れでも癒されたいですよね〜。
それが、ただ「作業」されると約2時間両手をゆだねている身としては苦痛だし、料金高いと続かないし、駐車料金かさむのヤダし・・・。

と、あれこれ探して訪れた3件目でやっと「ココ!」に出会えたよ〜。

浦添市城間、サンパーク通りの沖銀向かい、「CREYA」さんです。
http://creya.okinawabeauty.com/

オーナーであるネイリストの呉屋(ゴヤと読みます)さん→クレヤ、なんだそうで。
呉屋さんはとても気さくな方で、昔からのお友達みたいにナンダカンダと楽しくおしゃべりしているうちに終了〜(*^_^*)
加えて、良心的なお値段&明朗会計。
「そうよ。私はこういうサロンを求めていたのよ!」と強く実感。

興味のある方は是非お出かけ下さいね。
雑文 / comments(0) / trackbacks(0) /
TFPで涙そうそう
「にぃにぃ〜!」

映画「涙そうそう」の予告を何度か劇場で観るたび、
長澤まさみの子役が

「にぃにぃの およめさんになる」

という台詞でいつも私は涙そうそうである(T_T)

TV「ちゅらさん」でキャンディーズ・スーちゃんの沖縄のおかーさんぶりも良かったけど、本作のキョンキョンも自然なうちなーぐちで沖縄のおかーさんとしてとけ込んでいた。

ま、あくまで予告編の話で・・・。

番組最後のBEGINの歌声は胸にじんわり浸みてきた。
オジイ自慢ではしゃいだ夏のあとは、三線の花でしっとり秋の予感を感じたい・・・。
雑文 / comments(0) / trackbacks(0) /
/ 1/1PAGES /